2010年入社 広川 正晴

学生の頃・この会社に入る前はどのような感じでしたか?

学生のころは、おとなしい子でした。ちょうど学生運動が終わって、フォークソングが流行っていましたね。車と音楽が好きだったな(笑)。

高校卒業後、地元に某企業の工場ができたので、そこに就職しました。タンタル・コンデンサの製造工程の担当で、マシンを動かすだけでなく、メンテナンス、工程改善活動などにも携わりましたね。…なかなか奥が深い世界でした。

仕事の内容を教えてください。また、今の課題を教えてください。

今の仕事は、マシンの稼働率を上げること。それと、コネクタの生産計画の立案と管理。つまり、スムーズに良い製品を作れる様に環境を整備することです。そして現場の改善活動、いわゆる無駄取りですね。

現在の自分の課題は…リーダーシップをとって取り組んでいくことかな。
今、社内で「改善活動プロジェクト」と言うのをやっているんです。リーダーと呼ばれる人達を中心に教育を行い、改善マンを育てようというプロジェクトです。

「改善活動」は、みんなの気持ちがとても重要です。何事もそうですが、やる人間がその意味を理解していないと長続きしないし、活動自体が形骸化してしまいますよね。そういった事態を防ぐためには、現場で働く人間の意識、特にリーダーと呼ばれる人達がカギとなります。改善への風土を作ることが大事なんですね。リーダーの意識が変われば、職場が変わる。そして生産も品質も、全てが生まれ変わるんです。

常に問題意識を持って改善していける現場力…それを実現するのに、自分の経験や知識が役に立てば良いと思っています。

あなたの夢は何ですか?もしくは、今後どのような風になっていきたいですか?

仕事では…工程の「見える化」かな。仕事の流れの最初から最後まで、全てが目で見える、誰でもすぐに分かる様な管理体制を作ることが目標です。「見える化」によって、無駄が無くなるだけでなく、問題が起こった時に素早く対応できる様にもなるし、その前に先手を打っておくことも可能になります。そうすることで、お客様の必要な時に、必要な製品・サービスを提供できる様になり、それが自分達への信頼となって返ってきます。つまり、Win-Winの関係を作ることにつながるのです。

お客様との信頼関係を築くには、いろいろな方法があるかと思いますが、私は工程管理を担当しているので、この様な明確な管理体制を築くことで、より良いパートナーシップを構築することに貢献できればと思っています。

え?プライベートでの目標?…それはヒミツ(笑)。

TSSを選ぶかもしれない方々にメッセージ

技術力や開発力は、企業にとって、とても大事なものだと思います。お客様のニーズに応えるには、技術力、開発力、それらを支える品質・生産管理体制を整え、高付加価値の製品やサービスを提供する、「現場力」のあるモノづくり企業を目指し、また、そうであり続けなければと思っています。…そういう現場を支える気持ちのある人達に、巡り合いたいかなぁ(笑)。

とある一日のスケジュール

8時 朝礼
9時 生産管理及び計画表作成
10時
11時 マシン組立
12時 お昼休み
13時 改善マン教育
14時
15時 受注残確認
16時
17時
18時
19時 帰宅

このページのTOPへ▲